MBA地方公務員、日本最高の市役所マンへ!

(学問上)経営学をマスターした行政マンが、どれだけ地域政策に役立てるか、その実践をゆるくつづります

仕事

SSFFって、ご存知ですか?

昨日は、先輩たちから受賞のお祝いで飲みに連れていってもらいました。 ゆうたろうグラス。マスターからお祝いに、でっかいグラスで、ジンバック作ってもらいました(^^) さて、SSFFは、ショート&ショーツフィルムフェスティバルの略です。今年度は大阪で開催…

データ分析事例、地方創生の方法はまちまち

東京から帰ってきて、ずっと体調が優れず、とうとう昨日お休みをもらって床に伏せておりました。 今日はバリバリ出勤します。周りはインフルエンザも多く、寒いので気をつけないと。ブログを見てくださっている皆さんもお体には十分ご自愛ください。いつも、…

地方創生 リーサス政策アイデアコンテストが終わり、、、

東京から帰り、課長、部長に受賞報告をし、市長室で市長と副市長にも報告。その後、市役所内の庁議と呼ばれる幹部会議でプレゼン、記者会見でプレゼンと、プレゼンの毎日です。 市役所内の研修会もあるのかどうか。。。 大学、商工会なども他地域からお見え…

地方創生大臣賞、そして嬉しかった帝国データバンク賞!

昨日1/21は東京大学で、リーサス政策アイデアコンテストの決勝でした。 内閣府の方々を始め、準備、当日の運営とかなり大変だったと思います。 自治体職員が出場できるコンテストを作っていただき本当にありがとうございます。 大変恐れ多いことながら、2つ…

仕事人生で3本の指に入る日かなぁ

今日は、政策アイデアコンテストの全国大会決勝。 東大の赤門くぐり。 一度出て、会場へ ごつい。 仕事人生では、こんな大舞台は3本の指に入るかもしれないなぁ。 ガンバってきます。

やっぱりどこか抜けてる、、、穴が多い

内閣府のホームページで紹介していただきました。 自分の提案だけなんだか低次元な感じが。 パワポのサイズも間違って提出して、当日はサイドに余白ばっちり空いちゃうそうです。気持ちが萎えそう。心の中で「やってかまさなぁ〜」と、気持ちを楽に持つこと…

市長室でのプレゼンテーション。今日は勝ち越し

今日は市長室に行き、市長と副市長の前でプレゼンでした。 リーサス政策アイデアコンテスト後に、糸島に戻ってきて市役所で記者会見を受けるようになっているので、その予行演習と言った感じ。記者会見用の資料でプレゼンしたため、当日の練習ではないです。…

産直野菜の使い方知ってますか?

代官山TSUTAYAの第2弾糸島イベントは、 農産物直売所の上手なつかい方〜素材とうまくおつきあいする料理教えます〜2017年02月03日(金)19時 蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース 曲がった、小サイズ、、直売所ならではの野菜や魚たち。 「どうやって調理すれ…

国(内閣府)のお仕事になると、こんなにも注目度が違う、、、気づかされた。

政策コンテストで決勝まで残ったことで、すごく変化が出ています。 まず自分の名前がネットにこんな掲載してもらえることないし、明日は写真つきで下記のホームページに私の紹介がアップされます。 しかし、一自治体で取り上げてもこんなにはならないのに、…

糸島市の産学官連携ビジネスモデルpart2〜九州大学・富士通編〜

以前のブログで、九州大学の出向時にビジネスモデルを考えることで実現した仕事の1つとして、ヘルスケアLABOをご紹介しました。 今回、もう1つ。 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所富士通ソーシャル数理共同研究部門、糸島市、富士通研究所での連…

産官学のビジネスモデルの作り方〜九州大学・住友理工編〜

九州大学の出向時にビジネスモデルを考えることで実現した仕事の1つをご紹介。 糸島市の健康福祉センターには九州大学の健康介護研究所である九州大学ヘルスケアシステムラボ糸島、通称「ふれあいラボ」があります。 世界最先端の研究から生まれた「歩行ア…

データ分析って、行政マンは苦手です。

今日は他の部署から、リーサス勉強会を頼まれて、その資料づくり。それと、「同窓会のビデオ作って」と入庁の頃からお世話になってる人に頼まれて、また仕事を1つ。 大変ですが、自分を頼ってきてもらえるのはありがたいことですね。 それにコンテストのた…

某関東の●●walkerと女子大生と取材へ

お仕事の話で、こちらにも九州ウォーカーという、おでかけ情報雑誌がありますが、こちらの関東版のある地域で糸島情報を発信します。 代官山TSUTAYAさんとのコラボと別に、糸島市では、もう1つ、ある企画を関東で行う予定で、それとの相乗効果を高めるため…

Facebookで紹介してもらいましたv

コハルライトを作っている、アジアンマーケットの安武社長から、リーサス政策コンテストと仕事のことで紹介してもらいました。 安武さんは、博多女子高校の講師をしてあり、高校生模擬会社のマネジメントを担当。糸島マーケティングモデルの販路開拓、広告宣…

ビジネスモデルを地域政策に生かす手法

「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」が資源として大切。。。よく聞く言葉、 しかし、これだけで終わる人がほとんどだと思います。 ビジネススクールの企業戦略では、ビジネスモデルを学び、さらに、ベンチャーからIPO(新規株式公開)や賞を取りまくっているよう…

代官山T-SITE蔦屋(TSUTAYA)書店とのコラボイベント開催!

いま仕掛けている仕事をもう1つ紹介。 代官山蔦屋(TSUTAYA)書店とコラボイベントです。 ITOSHIMA×TSUTAYA 1月31日と2月3日の2回、東京代官山で糸島のtalkイベントを開催します。 http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2017/01/post-246.html なぜ糸島に…

マーケティング実践ワークショップ!

最近仕掛けた仕事のひとつに、地域の事業者、しかもネットショップの出店者にお声かけし、マーティングを実践できるワークショップがあります。 こちら↓ http://itoshima-yokamon.com/workshop/2nd どこかに置いてもらうだけでは、、、誰も買ってくれない。…

採用試験合格の人たちは、来年どんな1年になるでしょう

今年もあと残すところ僅かとなりました。 私は2年間の大学出向で全国を飛び回っていましたが、この4月から市役所に戻り、地域に密着するという劇的に環境が変わった年でした。 ちょうど自治体は、来年度の職員採用が決まったところも多いと思います。その人…

もし女子高生が自治体とマーケティングしたら?(「もしドラ」ならぬ「もしマー」)

いま農産物、水産物などの地域資源を有効活用して商品開発をし、加工品を販売する、六次産業化が叫ばれています。 しかし、なかなかうまく行っていないのではないでしょうか。 ブランド化するって難しいですよね。 ブランドと呼べるまでには、先ずは売れるこ…

市民の生活を何でもよくできる!役所仕事の素晴らしさ

公務員は「がんばっても、給料は一緒」 だから、がんばるだけ損、みたいな話をよく耳にされると思います。 確かに仕事の成果によって給料は変わりません(少しずつ行政にも人事評価制度が導入されてきています)。 経験年数よりも、年齢が最も重要な要素で、い…

地方行政マンとして、どう生き残るか?〜地方公務員も弱肉強食の時代〜

行政の仕事は、法制執務、企画立案、クレーム対応、工事設計など、とても幅広く、多岐にわたります。 一般行政職で採用されている私は、技師や弁護士、司法書士、医師、保健師、学芸員など他の専門家がいる分野は、業務上、専門知識をいくら深めたところで所…

「わんにゃ~ねっと」〜犬猫里親制度〜

昨日は10年前に、獣医師会と県と一緒に立ち上げた子犬、子猫の里親制度でテレビ出演。 こんな前のことで、取材を受けるとは思わず、、、30分くらいの取材で最後の数十秒くらいしか使われてなかったですね。 ペットの飼い主は、飼いたい人の情報をたくさん持…