読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MBA地方公務員、日本最高の市役所マンへ!

(学問上)経営学をマスターした行政マンが、どれだけ地域政策に役立てるか、その実践をゆるくつづります

いまや糸島の一大観光地「白糸の滝」

標高900mの羽金山の中腹に位置する、福岡県指定名勝「白糸の滝」をご紹介します。
f:id:okagon:20170415233229j:image

5月ゴールデンウィークに、やまめ祭りがあり、やまめが放流されます。

そして、6月に滝開き!シーズン到来です。

6月末はあじさい祭りもあります。
f:id:okagon:20170420212840j:image

糸島市の長糸地区にあって、夏は車の行列ができるほどの観光地です。2時間待ちなどざら。

 

なぜかというと、滝のマイナスイオンだけではありません。
f:id:okagon:20170420205309j:image

やまめ釣りもいいですが、

一番人気は、

竹を使った本格そうめん流し!

 

家族連れからカップルまで人気のスポットです。

 

売店もあって、「焼きやまめ」や糸島のブランド牛乳「伊都物語」を使った絶品ソフトクリームや水まんじゅうなど、涼しげなスイーツを味わうこともできます。

そして、糸島でもここでしか食べられない

知る人ぞ知る郷土料理、

「そうめんちり」

が食べられます。

鶴瓶の家族に乾杯でもでましたが、お金を払っても食べられるところはここしか知りません。

 

売店から少し上がったところにある「四季の茶屋」では、テーブルそうめん流しのほか、やまめ料理やそば打ち体験(要予約)などが楽しめ、お土産もあります。

 

ここは、行政的にも糸島市役所が地域の人たちに施設を指定管理者としてまかせ、黒字経営という珍しい事例で、地域の人たちの雇用の場になっています。また小水力発電の水車もあり、この施設の電気を賄う実験が九州大学と企業と一緒にされたり、集落全体の電気を賄う予定です。

 

おまけで、

白糸の滝から下るときに、次いでに寄れる、韓国かき氷はふわふわ絶品、いろんな味と形。毎日閉店時間前に品切れになり、食べられないお客さんがたくさんです。

秋篠宮様だったか、皇族の方もお越しになられました。

そのお店は、

村上家本舗 白雪(しらゆき)

http://www.sirayuki.jp/

 

もうひとつ、近くの波呂展望台での景色も楽しまれてはいかがでしょう。

 

【白糸の滝 ふれあいの里】アクセス
住所:福岡県糸島市白糸460-1 電話:092-323-2114 時間:9:00~17:00(7月~8月は18:00まで) 定休:12月~3月の毎週水曜日、年末年始 ※交通アクセス/JR筑肥線筑前前原駅から昭和バス白糸線バス終点徒歩約25分 ※駐車場/200台(無料)