MBA地方公務員、日本最高の市役所マンへ!

(学問上)経営学をマスターした行政マンが、どれだけ地域政策に役立てるか、その実践をゆるくつづります

熊本でRESAS(リーサス)ワークショップ!

熊本の皆さんに、地域の特産品のブランディング ワークショップのオファーを受け、熊本へ!
f:id:okagon:20170821215728j:image

リーサスを使いながらのワークショップですが、自分独自の手法(OM 岡メソッド)になっています。
f:id:okagon:20170821215710j:image

金融機関、監査法人、自治体、社会インフラ、薬剤師、メーカー産学官連携担当、PR、セールスマン、多様性の高い様々な立場の人たち。休みの暑い日に、こんなに意識の高い人たちがいるのに驚き!

(それにしても、本当にトーマツの方にはいろんなとこで縁があります)
f:id:okagon:20170820084345j:image

中には、東京からこのためにわざわざ参加してくれた人も。そして事前に糸島を調べるために糸島に泊まりで半日回ってきたとのことで、さらにびっくり。一発で、糸島に住みたくなったそうです。

 

そんな中、少しでも仕事に生かしてもらえるよう、本当にあまり人には話さない裏話までしました。

実はまだ糸島市職員の皆さんには機会がなく、話したことはないとう変な気持ち。。。
f:id:okagon:20170820083528j:image

 

データ分析から課題を絞りこんで、政策立案をどうするのか。背景も含めたところで詳しく説明し、基本的な流れやフレームワークの説明、そして実際にRESASを使いながら、コンテスト後も自分で研究した岡メソッド(OM)を駆使して熊本、天草を詳しく見ていきました。

 

RESASの機能をのべつまくなしに説明されても絶対にわからないし、使ってみる気になりません。

「強みを見つける」「連携先を見つける」

ため、この2つを目的にどの機能を組み合わせるか、5機能ずつくらいで十分です。これに他データを組み合わせていきます。

 

この用途だけに絞ることで、とてもわかりやすく、楽しくワークができ、参加者から「RESASがこんなに使えるものと知らなかった!」と感激してもらえました。

 

最後は「流通」と「宣伝」を必ずパッケージで政策に落とし、連携体制をどうやって作るか!?が重要であり、考え方のフレームを紹介しました。

 

質問で「私たちは総合計画を作る支援などもさせてもらってますが、市役所に岡さんみたいな人がいたら、コンサルは不要ではないですか?」と。

 

実はこの質問多いです。

 

ホントによく言われます。

 

これはイエスであり、ノーです。

 

全部を自分だけで解決できないし、部分的におまかせしたり、アドバイスをもらった方がよいと思います。やはり専門家には勝てません。

 

次回9/9に、第二回目を開催しますが、皆さんがどんなデータを組み合わせ、どう政策に落とし込んで来られるか楽しみです。

 

研修会のあとは、馬刺しのお店で懇親会。

一文字ぐるぐる

という、メニューに驚き!

 

ほんと熊本の将来を前向きに考えてある人たちばかりで、こっちが元気をもらえました。
f:id:okagon:20170819223911j:image

 

そして新幹線で深夜の帰宅。翌日は、すぐ起きて、PTAで新しいことをやろうということで、打合せのあとバーべQ。

糸島で出会った同級生の役員が3人もいて、家族みんな誘ってくれて、いつも楽しい時間をつくってくれます。

Yさん、Mさん、ありがとー!

f:id:okagon:20170821170503j:image

 

また明日からは、現実に戻って、仕事が待ってくれてます。

糸島産ふともずくのレシピがクックパッドに登場 !

もずくの販売スタートから幸先よく延びてきました。

f:id:okagon:20170812201125j:image

4月からマーケティングモデルでの本格販売、宣伝を始め、5月~7月と伸び、前年の3〜4倍ほどの販売数です。

まだまだスタートなのでこれからですが、漁師さんたちもびっくり、一生懸命やってくれます。動けば変わる!

 

既存の販売店での売上も伸び、販路も拡大し、認知も高まっています。

 

その消費者の皆さんと一緒に、家族の健康と、忙しさを工夫で補うため、ふともずく料理のレシピを募集しています。

 

福岡県公式クックパッドと連携し、パッケージ裏面のQRコードからレシピに飛ぶようになっており、皆さんもレシピを投稿できます。


糸島の漁師さん、博多女子高の生徒たちが、
「家事や仕事で忙しい皆さんに、手軽に料理してもらいたい!」

「自分も、家族も、健康であってほしい!」

という想いから、皆さんと一緒にふともずくのレシピを開発し、料理メニューを増やしていく活動も力を入れています。
 
高級料亭「桜坂観山荘」でも使われている糸島産ふともずく。この最高の食材を使って、皆さんと一緒にレシピを考え、ふともずく料理開発をしていきたいなぁ~

 

■福岡県公式クックパッド
 ふともずくパッケージの裏面QRコードとリンクしています。
 https://cookpad.com/kitchen/9747582
 
どしどし、下記の糸島市ホームページから、レシピ申込書をダウンロードし、メールにて、ご応募ください。

糸島市の名前でこちらで、掲載まで行います!
糸島市ホームページhttp://www.city.itoshima.lg.jp/s007/030/2/02/20170808163746.html
 
現在、JF糸島産ふともずくは下記のお店でお買い求めいただけます。
■伊都菜彩(http://www.ja-itoshima.or.jp/itosaisai/
■志摩の四季(http://www.shimanoshiki.jp/
■伊都国即売会(http://www.itokoku-official.net/
 毎月1回、ゆめタウン博多「糸島フェア」にて販売します。
Yahoo!ショッピングhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/product-factory-jp/bbe5c5e7bb.html

 

順次販路も拡大してます。書類に時間がかかり大変ですが、漁協の方が頑張ってくれてます。

 

マーケティングモデルのふともずくの次の商材も昨日決まりました。

おって発表していきたいと思います。

 

今日は熊本に研修講師へ。東京からわざわざ来てくれる方も。ふともずくのこと話します。

博多女子高校は、22日の商業研究発表 九州大会に向けて練習中。全国大会まで行ってほしいなぁ。

 

いろんな人がこの取組みに力を注いでくれています。うまくいきますように。


f:id:okagon:20170819100645j:image

労力軽減

植木の水やりを楽にするため、灌水ホース(水がにじみ出てくる)をはわせました。
f:id:okagon:20170815161144j:image

蛇口捻って、10分から15分放置するだけなので、だいぶ時間も手間も省けます。
f:id:okagon:20170815161206j:image

汗もかかないし、蚊にも食われないし、オススメです。

ただ圧は30mまでしかいけません。
f:id:okagon:20170815161227j:image

蛇口も二股に分けておけば、普通の水洗もそのまま使えます。
f:id:okagon:20170815161319j:image

唯一のお盆休みは庭工事しておわり。

 

今週は、水曜が東京での新しい事業の契約も済ませたので、その打合せ、木曜は映画2つの記者会見準備と夜は研究会へ出席、金曜は調整が大変になっている審査会の開催(これが一番気が重い)に、土曜は熊本に出張、日曜はPTAで新しいことを始めるのに役員さんたちと会議&バーべQと、、、

 

たまには、何も考えず、休みたいなぁ~

と思うお休みでした。

先を考えるのは自分のせいかな(笑)

 

糸島と他の観光地を比較する

少し前に熱海に行った時、糸島と同じようにビーチが売りだと思っていました。


熱海サンビーチ
f:id:okagon:20170609223319j:image
f:id:okagon:20170609223423j:image

 糸島と比べると、正直ビーチが小さかったです。糸島が湘南と比較されるのがわかりました。

やはりあの規模のビーチとカフェが建ち並び、文化的な施設まで海に立地するところはそうそうないんだなぁと。

熱海の場合は温泉プラス海。

食がお土産のおまんじゅう以外に有名なものがなく、特産物的なものがありませんでした。

あれだけ温泉旅館、商店街もあり、地域イメージとリンクさせる食べ物をブランド化できそうです。。。

 

ちなみに、温泉街から下ったサンビーチ沿いには、尾崎紅葉金色夜叉」の舞台となっているらしく、お宮の松があります。
f:id:okagon:20170609223449j:image
f:id:okagon:20170609223456j:image

ビーチには若い人が割りと多い。

ここには、ご年配の方々がポツポツと。

防波堤を挟んで真裏で変な感じで、ターゲットが混ぜこぜなので、もったいない気がしました。

 

いま熱海で一番熱いのは、MOA美術館ではないでしょうか。

受付でいきなり「7つエスカレーター」をお進みくださいと言われ、「えっ、聞き間違い?」と思いましたが本当です。
f:id:okagon:20170806091111j:image

音楽も流れ、すごく幻想的な空間です。
f:id:okagon:20170609223601j:image

美術館は山の上にあり、眺めも最高!
f:id:okagon:20170609223637j:image

現代チックな建物に、展示品は浮世絵、屏風、巻物が多かったです。
f:id:okagon:20170609223651j:image
若者にも受けのいい美術館だと思います。

それと家族連れがいるのが、やっぱりと思いました。

全国の夏休みの研究課題に、MOA美術館主催の絵画コンクールがひとつ入ってます。

学校から案内が来るので、みんな目にするはずです。どうやって入れたかわかりませんが、この美術館の名前を日本中の親が知ってるんだと思います。

 

国宝も確か3つ展示してあり、熱海一番の観光名所になっていそうです。年間20万くらいだったか、糸島のゴルフ場観光よりちょっと少ないくらい。

 

海山、温泉、文化と資源は豊富でしたので、あとはやり方で、ここの自治体は楽しい仕事がたくさんできそうな気がしました。

 

交流人事とかあれば、都会よりこんなとこに行ったみたいです。

研修講師をするたび新たな気づき!

福岡県庁職員の皆さんの研修講師をさせていただきました。

なんと、カメラマンまで入ってくれました!
f:id:okagon:20170808220235j:image
f:id:okagon:20170808220346j:image

 

商工、観光、統計、企画部門の皆さん、40~50人くらいでしょうか。とても真剣に聞いてくださいました。

最近は視察なども多く、自己紹介のページで帝国データバンクのUさんに撮ってもらった写真を重宝してます。よかったぁ~
f:id:okagon:20170808220201j:image

話す相手によって、少しずつ資料変えます。

どこまで説明するか、発表自体は動画でも見れるので、考え方を中心に話しました。

■実務家のデータ分析は「分解」と「比較」でほとんど解決

■リーサス最大の活用法は「強み」と「連携先」の発見(使う機能と組合せ)

■連携先は現地パートナー(外部を巻き込む)

 (ひと昔前の市役所の仕事で、こんなことを考えなければならなかったのだろうかと自分で書きながら、、、時代は変わって地方公務員も必要な人材が変わってるんだと改めて実感)

 

もともとの発表プレゼンの間に3つの考えと手法を混ぜたスライドを入れたのですが、これでも盛りだくさん過ぎたかなぁ。

 

質疑入れて10分早くに終わったので、もう少しじっくり説明してもよかったかも。

 

強みを発見するリーサス活用型の一つを福岡県の産業を事例に少しクイズ的なとこも入れながらやりました。
f:id:okagon:20170821213957j:image

私のあとには経済産業省のおふたりがリーサスの機能、使い方を話されるという構成。

 

個人的には楽しく終わりました。

直接の話に関係ないことまで、質問してもらえてありがたいことです。

スライドに入れてはいましたが、分析ストーリーを立てるときのコツなど、データ分析のときの重要ポイントを質問する方が2人もいて感心しました。


f:id:okagon:20170808221353j:image

資料づくり、当日の構成、質問などの反応、一度講演に行くと毎回違う雰囲気で違う反応があり、とても勉強になります。

仕事に支障がない限り、できるだけお話をいただけたら、やらせてもらいたいと思います。

 

県庁調査統計課のYさんが、私を指名してくださったのではないかと思います。本当にありがとうございました❗

 

それにしても、県庁前にある洋食「かね吉」さんの料理はおいしかった。

講演前に眠気がふっとびました!
f:id:okagon:20170803170101j:image

 次はハンバーグ食べるぞ!

 

そして、8/19、9/9は熊本市熊本県の皆さん。こちらはデータを使った強み、連携先の発見と政策への落とし込みをワークショップとの依頼。精一杯やります!

 

糸島映画文化の種が続々!

本年度ショートショートフィルムフェスティバル&アジアを福岡で初開催。
f:id:okagon:20170804120944j:image

糸島市で地域の特色を活かした映画祭を開催します。カンヌ、アカデミー、キッズ、CGアニメ、ジャパンショート、受賞プログラム作品など、他では見られない世界の短編映画をまとめて、糸島で見ることができます。


○日時・場所 

9月16日(土曜日)11時から21時 

前原商店街
6つのミニシネマが現れ、飲食しながら、ゆっくり、たくさんの映画をお楽しみいただけます。

       

9月23日(土曜日)17時から22時 

志摩中央公園
雨天の場合、翌24日に延期し、24日も雨天の場合は可也公民館で開催。

屋外で星空のもと、大スクリーンの映画祭。

 

○鑑賞料 無料
f:id:okagon:20170804121023j:image

以下のホームページで情報公開させてもらってます。

糸島市ホームページ

http://www.city.itoshima.lg.jp/s007/030/2/01/20170721091709.html

ショートショートフィルムフェスティバル福岡実行委員会

http://www.aie-kyushu.com/shortshorts/
f:id:okagon:20170801214859j:image

 

そして映画文化の種まきは続き、、、

もう少し待ってください!8/25にオープンにします。

 

ヒントで、

 

スタジオ○○リ、○の国から、NHK○ドラまで超オールスター、驚くほどの人たちと何かをやります。

 

以前のブログに新しい文化、休日リフレッシュに君の名は、を見て妄想とかいろいろありましたが、やはり仕事に繋がります。

 

よそみたいなアニメはやりませんが。。。

人があまり経験できない仕事をたくさんさせてもらえるので幸せです。

 

そして楽ではありませんが、

高い壁にぶつかるのは宝くじにあたったようなもんです。

しかも、当たった人には次のご褒美付き!

より高い壁を(T_T)

退職するときにはどこまでの高さの壁を越えれるようになっているでしょうか。

 

ボケッ~としながら、やっぱり今年も地方創生政策アイデアコンテストに応募してみようかなと思案中。

 

糸島市との取組が福岡県1位に!

博多女子高校、糸島との取組みが「第15回福岡県高等学校商業研究発表会」で最優秀賞を受賞しました!
f:id:okagon:20170726230446j:image

生徒たちは、みんな夏休みに入っても毎晩、毎晩、夜中まで頑張ったとのこと。これで福岡県代表に選ばれ、8月22日に長崎である九州大会に出場することになりました。このまま糸島の名前も背負って、全国大会まで出場してほしいですね。
 
「糸島にはふともずく」があると、皆さんに知ってもらえる機会を高校生たちが創り出してくれています。
 
f:id:okagon:20170726230600j:image

J:COMデイリーニュース福岡に取材を受けました。
f:id:okagon:20170726230538j:image

実は彼女たち、漁師さんと一緒に収穫をしたんです!
その時の彼女たちの様子やふともずくが収穫される様子もぜひご覧ください!

コチラから↓
http://fukuoka-yokamon.com/futomozuku_pj/shukaku_taiken

 

福岡県と連携してクックパッドにも、ふともずくレシピの掲載が始まりました。

https://cookpad.com/recipe/4632498

 

そして、週末から高校生たちが売り子になり頑張ります。
f:id:okagon:20170726231310j:image

テレビ、ラジオ、催事、SNSなど決まっているものや、協力してくれるメディア、お店が増えました。随分、露出も増え、売り上げも変わってきました。
f:id:okagon:20170726231326j:image

博多ゆめタウンでの催事情報

https://eseba.jp/events/detail/1505/

 

この事業関連で、研修資料つくりもやらなければ!ですが、

「連携先を見つける」

「地域の強みを見つける」

この2つかそがリーサスの最大の活用法だと思っています。そして、民間連携は地方創生加速化交付金の要件ともなった、「先駆性」「自立性」を高める最も有効な手法です。

イノベーションを産み出す、収益化を図るために、外の民間と組む、という官民連携の政策を作り出すことを話したり、ワークショップしたりということをやります。

 

時間がない、、、

新たな地域振興策が産まれる?産むことが楽しい!

本日午前は子どもとのふれあいで、ラウンドワンで家族でスポーツ、ゲームを楽しみました。

 

昼過ぎからは、英語学習を兼ねて、はまってる「SUITS」という弁護士資格を持たない弁護士が主役の海外ドラマを見ながら眠ってしまい。。。

 

夕方起きて日本でも有名なものをつくっている、ある業界の人達を東京からお迎えして、糸島で交流会。

 

糸島である大きなものをつくることになり、その打ち合わせも兼ねてます。

8月中に公表するので、そのときのお楽しみです。日本中で知って貰えると思います。

 

こんなことが糸島でたくさんできるのは、市や地域の人が「糸島のため」という気持ちを持つ人が一緒に動ける風土があるからこそ!

 

新しいことを産み出すときに凄く気を付けてることは、

■糸島外の人と組む(糸島内の人とつなぐ)

■相手の実績にこだわらない

■そこから広がる仕組みも考える

です。

 

データを普段から頭にいれておくことで、いろんな情報と組み合わせて課題を蓄えておくと、あとはそれを政策にどう落とし込むか。

 

そのとき上記のような考えを使います。

さらに、

「自立性」と「継続性」

が大事。それには「官民連携」が最も効果的だと思います。

 

官民連携をつくるときに、糸島外の人を巻き込むことが大切。公共事業を地元に発注することだけで、地域が活性化するはずありません。

 

外の人を巻き込むことで、新しい仕事やお客様、外に売り出す商品やサービスも増え、「地場企業の皆さんも外貨を稼ぐ」ことにつながるのだと思います。

 

外の力と官民連携を促進することがなんとなく認められてきたのでしょうか。最近は「サラウンディング方式」と呼ばれ、企業のアドバイスを聞いたあとに新しいアイデアを仕様書に盛り込む方法が出てきましたが、他自治体を出し抜く地域は、すでに、それを裏で汗かき動き回り、仕掛けを作っているはずです。

 

広く聞いたことを仕様書に落として広く公募しても、どこでもできるものになってしまい、結局、そこしか出来ないものではなくなってしまいます。

 

自治体職員だって、誰でもできることではなく、自分の力を試し、楽しく仕事をしたいんです!

 

政策実行するには、政策立案しなければならず、自分が考えたものでなければ成功なんてしないし、自分で政策立案することこそが、自治体職員の最も楽しい仕事だと思います。

ドキュメンタリー記事を書いていただきました

福岡県中小企業振興センターの情報発信サイト「MOTTO Fukuoka」でドキュメンタリー記事を書いていただきました。

事業の裏側を掘り下げてくれています。

http://fukuoka-yokamon.com/futomozuku_pj/sishokukai_honban

それにしても、文章が上手い。

天狼院書店で修行されたようですね。ここは独自のマーケティング手法も教えてくれるようです。

 

サイバーエージェントさんが運営するキュレーションサイトのホットスポット、バイエスなどは資格がいるようで、そんなとこの資格も持ってあるので、ブログやネット記事を書くプロですね!

 

私も身近で見たり、資料まで作ってもらい指導を受けましたが、一向に上手くなりません。

 

才能がゼロかな?

ゼロ×●。

ゼロに何をかけても、どうにもならないという。。。

 

明日は災害対応ですね。

カッパ、長靴で、嵐の中現場かなぁ~

自分のした仕事がいろんなところで紹介してもらえるうれしさ

糸島市九州大学富士通研究所と取り組んでいるAI(人口知能)を使った定住希望マッチング。優れたIT活用事例を表彰する「IT Japan Award 2017」(主催:日経コンピュータ)で特別賞を受賞しました。
 
移住者の住みたい条件に応じて、AIがおすすめ地域を紹介してくれる、という先進的な地域活性化の取組みです。全国の企業に肩を習べ、自治体で唯一の受賞。
 
九州大学出向自体に手掛けた仕事ですが、

こちらがお礼を言いたいくらいなのに、富士通の皆さんから、受賞できたことで、わざわざご連絡までいただきました。

産官学の連携モデルのつくり方って、大学職員と自治体職員を経験し、経営を学んだ自分ができる強みかな?と思っているので、これからもどんどんやっていきたいと思います。
itpro.nikkeibp.co.jp

 

同じく、同時期に仕掛けた仕事で、雑誌ロボコンマガジンに紹介していただきました。
糸島市健康福祉センター(志摩初)にある九州大学糸島市、企業で構成する研究施設「ふれあいラボ」。
住友理工(株)と介護予防のための歩行支援器具「歩行アシストスーツ」が雑誌で紹介されています。ヘルスケア関連でも産官学で、市民の皆さんの健康、介護予防などの仕組みづくりを推進しています!
6月29日に開催された「ふれあいラボ」成果報告会も、100名以上の参加で満席でした。

そして今も、担当は離れましたが、企業、市から依頼があり、動いています。さらにラボが進化させていきたいですね。

www.fujisan.co.jp