MBA地方公務員、日本最高の市役所マンへ!

(学問上)経営学をマスターした行政マンが、どれだけ地域政策に役立てるか、その実践をゆるくつづります

講演情報(ぐんま、くまもと)

群馬大学で、地域と研究者の対話イベント開催されます。その間の役割😄?基調講演とパネリストで登壇するので、いろんな方にお会いしたいと願います。ぜひご応募ください。


参加無料です。

 

吉良先生は九大時代にAI移住マッチングでお世話になりました。数学でいろんな問題を楽しく解決してくれます😋

 

http://www.gunma-u.ac.jp/information/49026

f:id:okagon:20190204224645j:image

 

チラシみたいに、やわらかく、よりわかりやすく、話したいと思います。

 

資料つくらないと💦

 

実はその前に熊本市役所セミナー。

職員の方が作られた素敵なチラシ。自分にはこのようなセンスがないので、うらやましいです。デザインを習いに行こうかと思ったくらい。
f:id:okagon:20190210081331j:image

1日で定員オーバーで、熊本市の皆さんの意識の高さに驚きました。

 

地域資源で最も大きいのは「人」、グロイスバーグの研究からもわかります。

 

糸島市といつも比べてしまいますが、いろんなところに行くと、不安になってしまいます。外の風を感じる仕組みをオフサイトミーティングなどで作ってある自治体職員は素晴らしいと思います。

 

僕も始めようかな。

マーケティング体験しながらデータ分析もやります

1年ぶりの仙台。雪もチラチラだけど、積もってないし、そんなに寒くないです。

f:id:okagon:20190124171318j:image

総務省の地方統一研修で、全国で開催されています。

f:id:okagon:20190124171529j:image

私は東北の講師に呼んでいただきました。f:id:okagon:20190124171515j:image

昨年度の東北経済産業局主催のセミナーで、総務省も局長がお話を聞いてくださり、今回のお声かけにつながったそうです。

いまは広島にご異動なされたとのことで、お会いできず残念です。

 

実際の事業や課題にそって、データを分解したり、比較したり、回帰分析してもらったりと体験を繰り返しながら、いつの間にかマーケティングしてた、という流れで、最後はいろんな裏ワザも話しながら、政策に落とし込んでいきました。

f:id:okagon:20190124172833j:image

前回は商工、観光部門の自治体の方々で、今回は企画、秘書、統計部門の方々。同じ東北地方でも部署によって、かなり雰囲気が違うことに驚き!


糸島も外の人から見たら、そうなのでしょうか(笑)

 

でも、全員、何かひとつはスキルアップにつながり、他では得られないものを持ち帰ってもらえたのではないかと信じて帰路へ。

 

それにしても仙台って日帰りできるんですね。きつい😥💦

 

世間は狭く、他の講師で来られた先生のご家族が糸島出身だったことに驚き!

行政評価を担当されていましたが、私も修論で書いた内容がたくさん出ていたので、この分野も結構研究したなぁ~と思い出し、また、いい出逢いをいただきました。


f:id:okagon:20190124175121j:image

仙台空港で牛タン食べて、少し復活!

明日も福岡市内でベンチャー面談会と商社への糸島食材提案会など家から直行、夜遅く…がんばろ!

 

あけましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

例年どおり、1年の幸福を祈り、夜神楽から始まって自動的に初詣。ちなみに、右ふたつが自分の役でした。
f:id:okagon:20190102110605j:image

手力王尊

f:id:okagon:20190104213759j:image

岩戸をこじ開けるための紐を結ぶのを忘れ、舞いながら結ぶという失態。新年からお越しくださった皆様申し訳ありませんでした。
f:id:okagon:20190104185036j:image

先駈の神主

f:id:okagon:20190104185103j:image

写真は先輩職員のもの。カメラマンとしての腕前がスゴすぎて、いまの職がもったいないくらい。

 

今年はまた公私ともに新たな挑戦を始めますので、読んでいただける皆様よろしくお願いします。

 

ご挨拶だけで、なんのためにもならない中身で申し訳ありませんでした。

 

ひとつだけ、

 

私も入っているHOLG運営の地方公務員限定サロンが開設されました。

どこかでお名前を拝見したことがある、有名な地方公務員の方々がたくさんいらっしゃいます。

地方公務員であればどなたでも入会でき、メディア記事投稿などの部活動、ウェブセミナーなどの交流ができます。私も、また新しい出会いがあるとうれしいです。

のぞいてみてくださいね。

https://www.holg.jp/original-article/onlinesalon1/

はじめて大学で講義

京都府立大学の学部3年生の講義に。f:id:okagon:20181222213006j:image

参加者ほとんどが地方自治体職員を希望しているとのこと。地方自治体の仕事のイメージが少しは変わった(良い方に)んじゃないか…
という気がします。

 

よく質問もして、賢い子たちばっかり✨

 

さすが講義に呼んでくださった恩師の一人T先生の教え子たちで、ロバート・パットナムの「孤独なボウリング」「哲学する民主主義」をしっかり勉強してました。

古典で結構なボリュームの本なんです。

自治体職員でもなかなか読んだことある人いないと思います。

 

この大学ホームページを見てみると、「地域公共政策士」って資格までつくってあって一定の政策立案レベルに到達させているのでしょうか…驚き。f:id:okagon:20181222213423j:image

しかし、パットナムしかり、習った理論をどう実践に使うかも、事例を踏まえて話させてもらい、そして、自治体職員が苦手な、課題を見つけて、絞り込むために、データをどう扱っていくか、また、扱う前に道を決める方法を教えて、ワークショップで体験してもらいました。

 

「最初難しかったけど、分かってきてできるようになりました」と。

2、3年で、地方公務員になったら、今日の話を思い出して実践に活かしてほしいな。

 

いつか再会できるのを楽しみに待ってます。

 

地域の共通価値を創りだす!

3年ちょっとぶりに、日本環境設計 会長 岩元さんと飲み会。

f:id:okagon:20181212080711j:image

岩元さんと言えば、この数年で一気に有名になった方。皆さんご存知のバックトゥー・ザ・フューチャーのタイムマシン「デロリアン」を、コネなしでハリウッドに行き、本物を買ってきた人です。

そして、次代を創る100人のトップに!

ちなみにソフトバンク孫正義さんは6位。

f:id:okagon:20181211170822j:imagef:id:okagon:20181211170836j:image

 

何をされてるかといえば、こちら。

(岩元さんの紹介記事)

https://wired.jp/waia/2017/16_michihiko-iwamoto/

 

簡単にはリサイクルです。

有機物C,H,Oの「C」を分離して「糖」をつくられます。わかりにくいですね💦

布も、プラスチックも、世の中の多くが有機物!洋服、おもちゃなどから、バイオ燃料をつくる技術を開発されました。それも原料と燃料が1:1の比率で再生され、しかも何回も、半永久的にリサイクルができるんです!

 

その燃料でデロリアンを映画と同じ日に走らせました。そして、普段は自家用車としてデロリアンに乗ってあります笑

f:id:okagon:20181211195514j:image

http://bring.org/GoDelorean/

 

ほかにも、東京オリンピックの金メダルは岩元さんの技術で携帯電話から金を取り出して作られます!1個の金メダルに金6gを使うそうですが、携帯300台にあたります。

皆さん、ぜひ回収にご協力を!

https://medal-project.idc.nttdocomo.co.jp/

 

なぜ商社を辞め、この会社をつくられたかというと、

 

「戦争を無くしたい!」

 

戦争、内戦は、地下資源の奪いあい(レアメタルの争奪のために私たちが使うプレステ戦争があったことも…)。

地下資源を使う必要を無くし、戦争を無くすという志をもって、服からバイオ燃料をつくり始めました。

 

紛争地域の地雷撤去、子ども兵救済などでの活躍のテラ・ルネッサンス代表  鬼丸さんは(https://www.terra-r.jp/index.html)、岩元さんと出会って、

「あぁ~、やっとこれで戦争が終わる」

と思ったそうです。

 

原料の服をお店に持ち込む消費者、回収箱を置いてくれるお店、石油を使わず製品をつくるとコミットする企業。

まさに共創価CSV(creating shared value)!

 

フランス政府も、東京の次にあるパリオリンピックで岩元さんに相談。EUも、G20も、そして、世界中から投資をしたい企業が岩元さんのビジネスにあつまってます。

 

CSVはマイケルポーターが提唱した次代のマーケティング戦略。共通価値を創造していくための3つの方法を具体的に示しています。

どれも、今回の岩元さんのビジネスに当てはまります。バリューチェーンは、本当に世界の流通が変わりますね。石油は輸入されなくなる、ごみ処理上に行かず、燃料を運ぶ体制も変わる。一気に社会構造が変わります。

 

正しいを楽しく!

デロリアンだけでなく、燃料で飛行機を飛ばす!金メダルをつくる!

ワクワクな仕掛けがたくさん!

 

ちょうどこれに関して見た映画が、

ボヘミアン・ラプソディーではなく(見ましたが)、

「パッドマン」

f:id:okagon:20181212202433j:image

 

インドの貧しい村では、生理用品が買えず、毎月5日間、汚らわしいものとして女性が屋外に隔離され、汚い布を使って病気になったり、不妊になったり、亡くなってしまったり、女の子は学校にも行けなくなる深刻な問題。主人公は、妻との結婚を機に、妻の体を心配し、女性を助けてあげたいと、自分で製品や製造機械を作り出す話。

風習を壊そうとする彼に対して、村人たちからものすごい反発にあい、村八分。村を追い出されてしまいます。しかし、妻の、女性の健康を守りたい一心で彼は諦めません。

そのことが、人々の共通価値へ。

 

私は、博士課程で、ちょうどこのこと、共通価値をテーマにした地域経営を研究しようと思っています。

例えば、日本の食はいい方に進んでいるとは…

消費者、企業、農家、自治体から共通の価値を定義して、連携を創ることは可能だと思いますし、これから持続可能な地域を作っていくためにはこのような手法が必要です。

 

先輩の博士論文も読み、自治体経営における、NPM(ニューパプリックマネジメント)は、短期的な効果を追及しすぎており、消費者、住民までを経営に巻き込んだNPG(ニューパプリックガバナンス)による共通価値を定義していくことが重要になってきます。

 

これから共通価値を創出する地域経営が重要。いくつか調べた大学に経営学の社会人博士コースがありますが、いろいろ考えたり、アドバイスを受け、方向を決めました。

実践しながら、そして、さらに自分の力をあげ、糸島で地域経営モデルを!

 

地域で起こっている社会課題を解決するために、「つながり」と「マス」を意識して、自治体職員にしかできないことを、、、

初めての糸島市職員研修!

先週は、全国放送NHKおはよう日本への出演からはじまり、講師三昧でした。
f:id:okagon:20181123204017j:image
初めて、ホームでの市職員研修!
意外に他県でのおっきな会場より、顔見知りの皆さんの方が緊張しました。

f:id:okagon:20181123204153j:imagef:id:okagon:20181123204211j:image

だけど、ホームの温かみを感じながら。。。

参加者が少なくならないように、気を使って参加してくれた皆さん、ありがとうございました。

総務課長が最後「分析は分解」と言ってくださったので、皆さんの頭に残ったかな🎵

 

そして、熊本県宇城市北海道庁、福岡県うきは市の皆さん連日、わざわざ私の話を聞きたいと遠方お越しいただきありがとうございました。

業務の支障がない限りはなるべく受けていきたいと思ってます。

(鹿児島県●市さんだけはお断りしてしまい、本当に申し訳なかったです。かなりスケジュールつまってて、次回は少し早めにご連絡いただければ空けます!)

日本財団東京ビッグサイト総務省仙台、京都府立大学とまだまだ先の講演はたくさん!

 

そして、研修の成果といえば、内閣府政策アイデアコンテスト2018

https://contest.resas-portal.go.jp/2018/detail.htmlf:id:okagon:20181123213030j:image

実は九州選出3チームに、すべて熊本の政策ワークショップ参加者たちが残ってました!
(天草インバウド・有明海苔・山都町間伐)

この時点で大人の部500チーム以上いるはずなので(昨年は600越えていた)、全国21チームに入ったのは上位4%きってます。

全国で専門家のリーサスワークショップがあってるけど、自分の素人セミナーから九州1,2,3位を独占してくれるなんて、うれしい限りです✨

 

実践のほうも、、、

糸島マーケティングモデルの第2弾の糸島産天然真鯛のだしスープっ鯛!!は、(株)やますえ 新商品開発始まって以来の大ヒット!社長も「こんなに売れたの初めて…」

と、発売したばかりなのに、これまで発売されたことのあった鍋スープの月平均10倍以上を売ってます。

テレビにもたくさん。このたびチームシェフコンクールで受賞し、関東での発売も控えています!
f:id:okagon:20181123205812j:imagef:id:okagon:20181123214314j:image

第3弾のタケマンさんの糸島メンマも!

日テレほか、発売前にして全国放送でかなり露出してます。

http://www.news24.jp/sp/articles/2018/11/20/07409690.html

 

マーケティングモデルで、ちゃんとやればきっと売れる商品になって、ブランドになっていきます!

(ただ役所は予算との格闘中。いつまでもやらせてもらえないから次の展開を考える)

 

また、政策コンテスト2017で帝国データバンク賞を受賞した糸島ファームtoテーブルも、地元紙の一面を飾り、波に乗ってきました。
f:id:okagon:20181123204231j:image

ありがとうございます🙇

編集長自ら、現場にきて、印刷当日まで入念に記事を作ってくださいました。

神保町で糸島ジビエもどうぞ!
f:id:okagon:20181123214451j:image

ミッドタウン日比谷では天空テラスで、糸島の真鯛、たまごプリン、伊都の豚肉ロティなどフルコースです。
f:id:okagon:20181123214530j:imagef:id:okagon:20181123214653j:image

ひらまつグループのリストランテASO チェレステ代官山でも、糸島豚を中心に伊都菜彩の野菜たちがお料理になってます!

http://www.city.itoshima.lg.jp/s007/030/2/03/20181012105538.html

 

どのようなレストランをご招待すれば、糸島の生産者との相性がよく、採用いただけるかわかってきました。始めたときに、ちゃんとデータをとってPDCAf:id:okagon:20181123214905j:image

いまは、ほぼ採用率100%!

素敵なシェフばかり!

すべてパンフレットもお店に置かせてくれて✨こんなにたくさんアンテナショップ出すなら大変な金額ですね…

 

いま九州のメディアで盛り上がっている初上陸の「MARK IS」に、糸島から真鯛フィッシュバーガー登場!http://www.baycrews.co.jp/topics/js-burgers/20181114-2/

f:id:okagon:20181123205547j:image

「天然」真鯛バーガーってなかなかないですよね!他にも、糸島のつまんでご卵、だいだいポン酢も、使ってくれてます。

ファームtoテーブルでご案内した、全国数十店を経営するベイクルーズさんのお店です(新商品担当のFさん、1年間社内で戦ってくださって本当に感謝します)。
真鯛フィッシュバーガーは、この店舗「J.S. BURGERS CAFE MARK IS」だけの限定商品!ぜひお試しくださいm(__)m

 

ちなみに、糸島産天然真鯛といえば「志摩の海鮮丼」、つまんでご卵といえば、直売所で食べることができる親子丼は本当においしいです。どんぶりシリーズ。

f:id:okagon:20181123222223j:image

f:id:okagon:20181123221421j:image

 

 

 

末端の市職員には尽きない悩みも壁もたくさんあるけど、

 

なんでも楽しいと思えば、楽しくなる!

 

いま商店街で一緒にまちづくり会社を作ってる見た目飛んでる社長さんと、別件で話してて、

「とりあえず首突っ込んどきまーす!」

の一言に、器の大きさ感じました。

NHK密着取材、、、初体験

NHK福岡のディレクターさんの目にとまり、、、10月上旬から取材開始。

密着していただくなんて初めてで戸惑いました!

f:id:okagon:20181029220149j:image

でも地方公務員になりたい人や、いま自治体職員として悩んでいる人、情熱をもってる人たちの役にたてるとうれしいです。

 

現場、イベント、会議、そしてインタビューなど普段の姿を撮ってくださいました。

15分ほどの番組でこの取材量なので、一時間番組なんかになると相当長い取材になるんでしょうね。

【番組概要】
・放送日:11月1日(木)18時10分~
・放送局:NHK福岡放送局
・番組名:ロクいち!福岡(フォーカス福岡)

 

http://www.nhk.or.jp/fukuoka-roku-blog/sp/700/308471.html

佐賀、北九州、そして、全国おはよう日本でも放送いただけるそうです。

同じNHKのニュースでも、公務員の受験者がここ数年減っていることが取り上げられたばかりです。

https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2018/03/0301.html

 

若い人たちが、地方公務員になりたいと思ってほしい!

 

 

取材してくださったディレクターさん、カメラマンさん、音声さん、皆さんの仕事ぶりの方が私より凄かったです。

反対に撮られることが少ないと思いパシャり!
f:id:okagon:20181029220310j:image

取材先に合わせて、どこの現場でも、時間でも走り回り、短期間で編集。撮影中も出来上がりを考えて、頭の中で画を描かれてました。

 

大変なのに、いつも笑顔!

 

取材されているのに、3人の制作にかける思い、仕事に対する情熱を感じさせてもらいました。

 

制作終わったら、一緒に牡蠣小屋いきましょうね~と、終わりが寂しかった。。。

がんばり屋のテレビ局の皆さん、ファンになりました。応援してます!

糸島テロワール!東京ミッドタウンで大オープン!

10月1日(月)から11月末まで、東京ミッドタウン日比谷6F『DRAWING HOUSE OF HIBIYA』で糸島食材を使ったメニューが登場します。
f:id:okagon:20181001185146j:image

■詳しくは糸島市HP↓ http://www.city.itoshima.lg.jp/s007/030/2/03/20180916125518.html


■お店のHPはこちら↓
http://drawing.restaurant/f:id:okagon:20181001185451j:image

 

レストランの料理長 宮本光シェフは、糸島を訪れ、農場や漁港、直売所に行き、直接生産者から話を聞いたり、食材を見て料理を決定しています。

f:id:okagon:20181001210149j:image

6年連続日本一の漁獲量を誇る「糸島天然真鯛」や糸島野菜、乳製品など多くの糸島食材がメニューに使われます。f:id:okagon:20181001185434j:image

地方創生政策アイデアコンテスト2017で提案した糸島ファームtoテーブル事業でやってます。

 

自動的に雑誌でも紹介してもらいました。

https://www.fujisan.co.jp/zasshi_kensaku/1680287/?q=%E7%B3%B8%E5%B3%B6

 

そしてネットでも。ぐるなびでも予約できます。

https://amp.gnavi.co.jp/r/n1tked9z0000/

 

まともに小さな市の予算で、東京ミッドタウンの部屋を2ヶ月貸しきって、メディア載せて…って、

 

無理です。

 

この事業は食材採用率8割という高確率です。なぜでしょうか?答えは…

 

いつもシェフが最後に握手を求めてきていただき、糸島の生産者も東京に行くときは自分の食材が使われているお店に行かれます。f:id:okagon:20181001205550j:image

日本に30人ほどのひらまつグループの料理長のお人柄にも惹かれ、みんなまた会いたいとなりました。

総務省の『関係人口』の構築にもつながっていると感じています。

 

次も、次も、ビジョンの戦略指標に基づき、限られた資源で打ち手を考えていくことが大切です。

 

糸島産三元豚「伊都の宝」のロティf:id:okagon:20181009163430j:image

先輩が東京出張のときに、寄ってくれました。

見たことあっても、やったことないを解決!全国の公務員に学びを提供する!

 
f:id:okagon:20180924211922j:image

熊本県庁の方が中心になり、立ち上げられた公務員だからこそマーケティングを学ぶ会の地域政策マーケティングセミナーの講師を勤めてきました。

f:id:okagon:20180924204841j:image

30人募集のところ、休日にも関わらず、50人を超えて会場のキャパオーバーで募集打ち切ったそうです。椅子だけの方々、書きにくかったかもしれません。

ありがたいですが、参加できなかった皆さん、またどこかで機会があれば!

f:id:okagon:20180924204907j:image

こんなにたくさんの人の役に立てるチャンスをもらえるって、当たり前じゃないです。

熊本だけでなく、福岡、大分、鹿児島からも。

そして、熊本県内市町村1/2、熊本・福岡県1/4、財務省国交省など国1/4と、所属もいろんな公務員が集まっていらっしゃいました。すごい!

f:id:okagon:20180924205745j:image

これまで「見たことや聞いたことがあった」マーケティングの分析ツールを実践でどう使うか…実践での事例を初めて見た、特に行政分野であったんだ。という方々が多く、これまで聞いた話や本で読んだことを自分で使ってみる気が湧いたという感想が多く、早速仕事で使ってみた資料を送ってくださいました。

マーケティングって、モノ、サービスを売るだけでなく、いろんな考え方に応用できます。そもそも経営学の一分野から枝分かれした学問で、経営全体の考え方から生まれたものですから。

100年前に欧米で、そして50年遅れて日本でやっと始まったマーケティング。日本はそれだけ遅れてますが、行政分野に入ってきたのも本当最近。民間のマーケターをまちづくり、DMO、ふるさと納税などの分野で起用する例も出てきましたが、全国の274万人のうちほとんどが、叩き上げの公務員。同じ立場の私が、たくさんこれから事例をつくるのことで、皆さんの励みになれば。f:id:okagon:20180924205539j:image

最後はガッツポーズで記念撮影。

f:id:okagon:20180924210841j:image

懇親会は少ししかおれず、皆さんとゆっくり話せませんでしたが、同業なので、またどこかでお会いしたいと願ってます。

公務員の『二枚目の名刺』というのが流行っていますが、私の場合、本業の仕事に加えて、MBA地方公務員講師、文化財継承の神楽師、公共経営研究会QAN-p(九州大学アラムナイネットワークパブリック)事務局など2枚目と言わず、3枚も4枚も作れそうなので、1枚しか持っていません💦作るのが大変そう。

f:id:okagon:20180924210913j:image

 

実はこの日ダブルヘッダーで、官民で社団法人を作って、勉強会を開催してあるKumamoto TurboのRESASによる政策立案セミナーへ。

f:id:okagon:20180924211543j:image

内閣府の政策アイデアコンテストに応募される前提で、3つの政策案をブラッシュアップしました。レベルの高い分析がなされていたプランもありました。(きっといいとこまで行けます!)

セミナーでは、コンテストの主旨である科学的な分析。そのコツを徹底的に意識しました。

f:id:okagon:20180924211730j:image

「(データの)分解」、「比較」、「二軸(で仮説検証)」、「データがなければ代替データ」、これらを使うクセをつければ様々な事を論理的に解決できます。


2つの会の皆さん、セミナーの内容はデータ分析とマーケティングで違いましたが、少しでも地域政策を考えるときに生かしていただけると嬉しいです😊

 

黒亭らーめん

f:id:okagon:20180924211837j:image

陣太鼓アイス

f:id:okagon:20180924211852j:image

を食べに連れてってもらいました😊

熊本、美味しいものたくさん。

 

こんなにたくさんの人の役に立てるチャンスをもらえるって、当たり前じゃないです!

昨日の反省もしながら、10/2~3はJIAMで全国の自治体職員の皆さんに会いにいきまーす❗


糸島だけでなく、日本の地域課題解決に貢献すべく、がんばるぞー

ホームでの講演はドキドキ!

会員の皆さんだけの講演、視察などの受け入れはありましたが、糸島で初めてのオープンな講演かもしれません💦

f:id:okagon:20180919212054j:image
中小企業同友会会員外の方もご参加できるそうです。もしお時間があれば、お越しいただくと珍しい政策立案方法が見れるかも!?

 

ホームグラウンドでの開催は、知り合いが多くて恥ずかしくなりそう。

https://www.facebook.com/events/1140594162763302/?ti=cl

f:id:okagon:20180923210333j:image

まさか、糸島市、福岡市の新聞折り込みにまで入れていただくとは…f:id:okagon:20181008063001j:image

これまで、中小企業家同友会の経営者が報告という形で、お互いの研鑽のために実施されていたらしいのですが、今回は私のような外部から講師を呼ばれました。

糸島支部長が代わられ、こういった積極的に外と交流する流れを作られています。

とても大事なことで、意識してやることが必要です。

と、講演では、地場の経営者の方々が実践で使えるように、そんな経営学の理論も織り交ぜたいと思っています。

 

忙しくって、資料はバタバタ…